読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IoTづくり ’s blog

IoTの正しい応用と健全な発展に資する, nRF52, BLE, BMD-300, MOS-FETアンプ, 家庭菜園, そぞろ日記

RIGADO社 BMD-300-A-R は、国内「技適」認定品

RIGADO社 BMD-300-A-R  は、NORDIC社からリリースされている nRF52832 (高性能プロセッサ ARM Cortex-M4 プロセッサを内蔵した BLE(Bluetooth Low Enegy)通信デバイス) を内蔵した BLE 通信モジュールです。

BMD-300 は、後述する 総務省の「技適」型番に記載されているとおり、国内の適合認証を得ているので、国内でBLE 2.4GHz帯電波を飛ばしても大丈夫なモジュールです。

超小型かつ省電力動作が可能なプロセッサ内蔵 BLEモジュールである BMD-300 は、小型IoT機器やウェアラブルIoT機器など多方面のアプリケーションへの応用が期待されます。

ちなみに現時点で、BMD-300シリーズ以外の  nRF52832-EVAL ボード(NORDIC社オリジナル開発評価ボード)や RedBear社製品など、「技適」未取得の基板やモジュールから電波を出すことは、国内法規に触れますので禁止です。

もし国内で、技適非認定の基板やモジュールから短時間でも電波を出すテストなどを行う際は、電波暗室などの環境が必要となりますので、ご注意ください。また、アプリケーションのファームウェア開発段階での電波の誤送出にも注意が必要です。

 

[RIGADO社  BMD-300-A-R] Webページ:

 BMD-300 - Rigado

https://www.rigado.com/products/modules/bmd-300/

 

 ご参考まで:

bluetooth.tokyo

 

f:id:iotzukuri:20170318184137j:plain

[RIGADO BMD-300 外形図] 

超小型かつ省電力動作が可能なため、小型IoT機器やウェアラブルIoT機器など多方面のアプリケーションへの応用が期待される。

 

 

f:id:iotzukuri:20170318184116j:plain

[ブレークアウト基板への実装例]

 

DIP接続可能なブレークアウトボードに実装された 「BMD-300-Breakout Board」 については、こちら(準備中)を、ご参照ください。

 

 また、以下を利用した  ファームウェア開発環境の導入手順は、

         ・BMD-300-EVAL  評価ボード

         ・Keil uVision5    組み込みファーム開発環境、コンパイラ

         ・NORDIC  nRF5_SDK_12.2.0_f012efa   ソフトウェアパッケージ

         ・SEGGER  - Embedded Studio    開発ツール

         ・nRFgo Studio    開発ツール

こちらを参照してください。

iotzukuri.hatenablog.com

 

ご参考まで、RIGADO社製の「技術基準適合証明等を受けた機器」(いわゆる技適証明)

 

www.tele.soumu.go.jp

RIGADO社 BMD-300「技術基準適合証明等を受けた機器」(いわゆる技適証明) については、以下の総務省のホームページを参照ください。

 

www.tele.soumu.go.jp